チェンマイのTTCスパスクールのブログ

心と体のバランス:簡単にできるコリの解消法

チェンマイ マッサージ学校
TTCスパスクールです

7月も後半戦です
日本国内も夏を迎えようとしております。
ココ チェンマイ 雨季真っ最中です

本日から
【だれも教えてくれなかったタイ古式マッサージの秘密】に続き
一人で簡単にできるコリの解消法を不定期ですがご紹介いたします。

第一回目は
一人で1分で出来る簡単な首のコリのほぐし方
をご紹介いたします

タイのマッサージ学校と言うことで
タイ古式的にそして 皆さんにわかりやすく解剖学でご説明いたします

誰でも簡単にできますの実践してみてくださいね!!

今 日本を問わずココ タイランドでも
100人中100人(とは言いませんが。。)
かなりの高確率で アイフォン(iPhone)やアンドロイド携帯を
お持ちではないでしょうか??

LINEやFACEBOOKなどで
何処にいてもだれとでもコンタクトが気軽に取れる良い時代になりました。
そこで
皆さん あまりお気付きになっていないようですが
この小さなデバイス(携帯)を操作している時
必ず 頭が下がっています(もしくは下の方を見ている。頭を前に出す等々)
※PC操作時も同様

この姿勢 長時間いると 首に負担がかかり 首が凝ります。
その代表的な筋肉が 胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)でございます

タイ古式マッサージ的に言うと

ラウサン(Sen Lawusang) ウランガ(Sen Uragka)

聴覚を支配するエネルギーラインの通り道です。

胸鎖乳突筋は、鎖骨と、頭蓋骨の耳の後ろの
乳様突起をつなぐ、首の左右側面にある筋肉です

鏡の前に立ち 顔を左右に振ると
鎖骨から耳の後ろまで伸びている筋肉が浮き出てきます。

この筋肉はとてもアメージングで不思議なとても重要な首の筋肉として有名です。

理由は
胸鎖乳突筋と迷走神経(自律神経)の関係です。
迷走神経はちょうど胸鎖乳突筋の周辺を通っていることにあります。

※迷走神経とは脳神経10番。(脳幹神経)
延髄から出て頭部や
頸、胸、そして お腹まで。 胃や腸など、
大部分の内蔵の働きを司る神経。(副交感性)

胸鎖乳突筋が凝り(緊張)していると首の動きが悪くななるだけではなく
迷走神経(自律神経)にも影響が出ます。
内臓の働きが悪くなり 胃の痛みや吐き気、イライラ、疲労感など精神面までにも
影響しますので 長時間の携帯操作は ほどほどに あまり集中しないで
10分に1回程度は 休みましょう。

胸鎖乳突筋の緊張をほぐしてことにより心もリラックス(副交感)することもできます。

ここからが胸鎖乳突筋のほぐし方 1分で出来ます!
初めに注意!!
胸鎖乳突筋は頭(約5キロ)を支える首の重要な筋肉です!!
無理な指圧など絶対にしないでくださいね。
直接触らなくても緩めることができます!!!

やり方
1,肩を軽く回しながら鎖骨の下を体の中心から肩に向かって4本指で軽く押し回して鎖骨の下周辺を緩めます。

2,耳たぶ全体をつまむ様に軽くほぐす

3,耳の付け根を持ち、耳全体を大きく左右に回す。(左右5回転位)

4,口を大きく開け(あくびをする様な)、開けた状態のまま 下顎を大きくゆっくり
左右に回します(左右5回転位)

ここまで所要時間 30秒程度
そして最後に

5,鼻で大きくゆっくり息を吸い込みながら、ゆっくり頭を前に傾けていきます。

いっぱいに息を吸い込んだら 今度は

6,鼻からゆっくりと息を吐いていきながら、頭をゆっくり後ろに傾け(天井を見るように)
体内の息をすべて吐ききります。(無理しないようにゆっくりと)

7,ゆっくり 息を吸いながら頭を元に戻すと……

あ〜ら 不思議 首の回りが軽くなった感覚があると思います。
(もの足りなければ1〜7までもう一回)

体感してみてください。

何気ない動作も長時間になれば身体も疲れます。それ以上に
心のバランスも崩れる恐れもありますので 気を付けてくださいね

心と体のバランス とても密接です

本日は 一人で簡単にできるマッサージのご紹介でした。

チェンマイ
TTCスパスクールより

チェンマイ・マッサージ学校

TTCスパスクール

タイ国内各支店

Thai Massage Training Center Co., Ltd.

住 所 121/162 M.7, Charoen Rajd Rd.,T.Fa Ham, A. Mueang, Chiangmai 50000 Thailand.

チェンマイ旧市街から車で約10分。

連絡先 日本国内から : Tel. 001-010-66-844698733 日本語直通

タイ国内から : Tel & Fax. 053-245-003

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP